スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人のホームサーバ(1台目)

この辺で、管理人の自宅サーバについて紹介したいと思います。

まず、1台目はDELL PowerEdge SC440です。
2008/11より、検証のため常時稼動させています。

当サイトは仮想化をメインコンテンツの一つとしていますので、
サーバには当然ながら仮想化OS(Hypervisor OS)を導入しています。

Hypervisor OSにはVMware社より無償で提供されているESX Server 3iをベースに、仮想ゲストOSを常時4台以上稼動させています。現在はメインサーバとして動作しているもう1台(ML110 G5)へ、静的なリソース割り当てを行うことがあるため、仮想ゲストOS(Virtual Guest OS)の稼動台数は都度異なっています。

ちなみに、現在の64bit プロセッサ(Core 2 Duo、Xeon)には、Intelの仮想化支援機能であるIntel VT(Intel Virtualization Technology)が搭載されているため、仮想ゲストOSを64bitで動作させることが可能となっています。

今後のサーバOSは64bitが主流になるため、仮想化に関する検証を行うためにこのハードウェアによる仮想化機能は必須と言えるでしょう。

以下、サーバの詳細スペックとなります。

--Server Spec--
Server Model:DELL PowerEdge SC440
CPU:Intel DualCore Xeon 3040(Conroe) Speed:1.86GHz FSB:1066MHz
Mem:PC5300 DDR2-667 533MHz/667MHz SDRAM ECC 6144MB
HDD:320GB x 2Disk(Seagate ST3320613AS) RAID0
NIC:1Gbps x 1Port(Broadcom)

--Operating System--
Hypervisor OS:
VMwareESX Server 3i 3.5.0 Update3

Virtual Guest OS:
Windows XP Professional 32bit
Windows Server 2008 Standard Edition 64bit(Server Core)
Windows Server 2008 Standard Edition 64bit(Full)
Windows Server 2003 Standard Edition 32bit

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
更新履歴
PR
Blog Ranking参加中
Amazon商品検索
Advertisement2
カテゴリー
スポンサードリンク
Link
パソコン
ソフマップ・ドットコム
Profile...

Virtualization

Author:Virtualization
■mixiやってます■
・ID:Virtualization

連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。