スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMWare ESXi4.1 Windows Server 2008 R2におけるマウスパフォーマンス低下の対処方法

仮想マシンのメンテナンス中に不具合を発見したのでその対処方法などを。

Windows Server 2008 R2の仮想マシンが、vSphere Clientからのコンソール接続において、マウスパフォーマンスが低下する(マウスがカクカクする)問題が発生するようです。対処方法としては、ディスプレイ アダプターにSVGAドライバを適用することで正常になります。

以下、参考手順。(※既にVMWare Toolsが導入されていることが前提)

1. 「デバイスマネージャー」-「ディスプレイアダプター」を展開し、ドライバが「標準VGA」であることを確認。そのままドライバを選択し、「ドライバの更新」を選択。

2. 「C:\Program Files\Common Files\VMware\Drivers\wddm_video」を選択し、ドライバを更新。

3. サーバ再起動

参考URL:
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1011709

NTT-COMのホスティング

テーマ : サーバー
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
更新履歴
PR
Blog Ranking参加中
Amazon商品検索
Advertisement2
カテゴリー
スポンサードリンク
Link
パソコン
ソフマップ・ドットコム
Profile...

Virtualization

Author:Virtualization
■mixiやってます■
・ID:Virtualization

連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。