スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Server 2008 から Windows Server 2008 R2へのアップグレード

8年前くらいに構築した自宅の仮想サーバのWindows Server 2008 には、TechNet時代にゲットしたRDS(リモートデスクトップサービス)のライセンスサーバが動いている。RDSライセンスもMSサポートに電話してライセンス認証が可能な時期があったのだ。

最近の製品は無印のWindows Server 2008にインストールが出来ない場合があるため、これを機に2008 R2へアップグレードを試みた。作業は簡単で、2008 R2のメディアを入れてアップグレードを実行のみ。

本サーバではSQL Server 2008 Expressが動いていたが問題なし。RDSのライセンスサーバについても問題なしだった。
スポンサーサイト

Windows Server 2012 R2テクノロジ入門 (TechNet ITプロシリーズ)

Windows Server 2012 R2テクノロジ入門 (TechNet ITプロシリーズ)を購入。今後は間違いなくメインでWindows Serverを使うので。興味のある分野なので読んでいて楽しい。頑張って読もう。

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Windows XP,Vista, 2003 Server, 2008 Server用PowerShell 2.0

今、勉強中のPowerShellについて。
PowerShell 2.0 のインストーラーですが、「更新プログラム」扱いで KB968930 として提供されています。

下記にダウンロード先リンクを記載しておきます。

・Windows XP 用更新プログラム こちら
・Windows Vista 用更新プログラム こちら
・Windows Vista for x64-based Systems 用の更新プログラム こちら
・Windows Server 2003 用更新プログラム こちら
・Windows Server 2003 x64 Edition 用更新プログラム こちら
・Windows Server 2008 用更新プログラム こちら
・Windows Server 2008 x64 Edition 用更新プログラム こちら
ブログ内検索
更新履歴
PR
Blog Ranking参加中
Amazon商品検索
Advertisement2
カテゴリー
スポンサードリンク
Link
パソコン
ソフマップ・ドットコム
Profile...

Virtualization

Author:Virtualization
■mixiやってます■
・ID:Virtualization

連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。